投資ビジネスの主は貨幣に投資をするまたは、会社に投資をすることで利益を得ることが主になります。ネットビジネスにおける投資初心者となりますと、副業として成立し安全な投資としてはインターネット上では多くは株式投資を進めることが多いです。

何故、株投資を進めるかについてですが、リスクを考えた場合、存在している会社に投資をした方が詐欺に引っかかるリスクが低いためです。例えば、有名な会社に投資をして会社が急に倒産するかと言われると、まず、よほど運がない限りいきなり投資をした途端に投資先が倒産するということは起きないはずです。

これは何故かというと、会社がきちんと機能しており利益を得ているため、倒産してしまう訳がないということです。逆に貨幣に投資をする場合においては、架空の貨幣、例えばネット通貨と呼ばれるものであれば詐欺にあうリスクがあるということです。何故なら、ネット通貨は投資をしても貨幣自体がある時急に存在しなくなっても投資した資金を返金することが出来ない上、本当にそのような貨幣が存在できるかどうかすら怪しいのです。

例えば仮想通貨の場合、有名な貨幣であればビットコインがありますが有名ではない仮想通貨が生き残りをかけて貨幣を流通させようとした場合、嘘をついてでも貨幣価値を上げて投資家に売り込む必要があります。逆に会社であればサービスを売りにしているわけですから、買うべきはサービスになる為、初心者が投資をする際にうってつけなのです。

つまり投資する側は眼で見えるサービスと言う物を知っていればどういった会社であるかを知っているわけですから、家電を販売している会社であればどのようなサービスを実地していると分るわけです。その為、初心者の投資ビジネスの多くは当たりさわりが無い株式投資をおすすめしており、あえて仮想通貨や電子通貨への投資は投資先が不鮮明であるという理由からお勧めしなくなったのです。

確かに、仮想通貨が登場した際には仮想通貨をおすすめする動きが見られましたが、だんだんと詐欺であるのではないかという動きも加速し始め、新たな投資家が参入できないということもあり、現在においてはあまり初心者に仮想通貨への投資を進めるという動きは無くなりつつあります。

いかがでしょう。何故投資ビジネス初心者に株式投資をおすすめするかを理解して頂けたかと思いますが、投資において最も重要なものは、投資先でどういった事業や実績があるかが重要で、会社に投資をする事こそが安全であるという考えになるということです。