会社員の副業の納税方法は?

正規雇用で働く職場では本業を禁止されている、こうしたケースは昔ではよくありました。
従業員に安易に副業を許可してしまうと、そちらに没頭をしすぎて本業に支障が出てしまうかもしれない、経営者側からしたらそうした心配をするのも無理はありません。

しかし、時代は移り変わり働き方改革の影響を受けた近年では、これまでの副業NGからOKに切り替える企業の方が増えています。昔よりもずっと気軽に副業を始められることになり、会社員でも副業をして副収入を得ている人の割合はとても多いです。

毎月の給与にプラスアルファの収入は懐を温めてくれますが、1つ大きな課題ものしかかってきます。
それが副業収入による確定申告関連の問題、年間所得計算をして税務署への申告を行い、必要な金額の納税をするのが確定申告です。
税金というのは縁遠くも感じる言葉ですが、収入が発生をするところなら、絶対について回るのも税金申告のこと、本業ではなく副業であろうとも変わりはありません。

一律的税額設定されるのは使う金額に応じて支払う消費税、誰にとっても最も身近に感じる税金です。
課税率は収入の多寡により変化する税金は所得税、税金には種類がありますので期間限定の特例や減免措置などもあります。申告納税制度が現在日本の税制であり、正しく支払いをする方の国民が税制を理解しなくてはなりません。

課税所得額に関しては本人で算出を行い税額を計算して、確定申告を行い納税をするスタイルです。企業に勤めるサラリーマンならば、すべての手続きは勤務する会社側の代行となり、フリーランスや個人事業主であれば雇用をされていませんので、本人による申告と納税を行います。

会社に勤めるならば会社側が行いますが、副業であろうとも収入を得るなら申告をして納税をすることが必要であり、わかっていて申告しないと脱税行為です。
正業ほどの収入を得ているわけではないのに、脱税行為とは大げさと思うかもしれませんが、延滞税や加算税などの罰則を課せられることもあります。だからこそ副業をするのであれば、収入を得たからには納税をするということを頭に入れておくことです。

とはいえ副業で稼ぐ金額は何をするか、やり方や種類にもよりますが、本業ほどの金額になることは考えにくく、少ない収入ならば税額自体も、そんなに大きくはなりません。
少ない収入ならば申告をするにしても、手間もそれほどかかりませんので気持ちを楽に持って取り組むことができます。

SNSでもご購読できます。